HP内の目次へ・検索もできます! 美しい都市と祈り

4087号      4090号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻4088号

《美しい都市と祈り》

著:五十嵐敬喜
発行:学芸出版社
定価:2100円(本体2000+税5%)
A5・224p
4-7615-2384-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
美を探究する人間の本性を祈りという視点から検証。祈りが日常化した高野山、平泉、天理、綾部、沖縄久高島、巣鴨を訪れ、各々の共同体が形成する独特の土地所有への感覚に注目。個人所有に基づく絶対的土地所有を見直し、集団的土地所有「総有」を提案、資本主義と渡り合い都市美をめざす、権利論に続く美のシリーズ第二弾。
<目次>
第1章 なぜ「祈り」なのか
美しい都市とプライド 景観法と景観裁判 美と祈り 祈りと宗教
第2章 美しい「都市」と祈りの現場を訪ねて
1 宗と政の対話は可能か   高野山と世界遺産  生きている聖地  天皇からもらった土地  高野山の近代  観光地として生き延びることは可能か  土地利用規制の二重基準  高野山の美しきもの  「空海」と美  世界遺産へ
2 奥州の古都に平和の思想をみる   苑池都市、平泉  過疎の町、平泉  平泉と黄金  藤原三代  都市平泉の特質――苑池都市  平泉が滅んだ日  祈りの都市の意味  平泉の未来像を求めて  芭蕉の観た景観  美の破壊と継承  祈りの都市の再建
3 よふきぐらし(陽気ぐらし)の都市   天理教とおやさとやかた  EU憲法と神  天理市と天理教  都市づくり  「おやさとやかた」  救済とは  天理のルール  天理の真骨頂──「ひのきしん」  政教分離は正しいか
4 弾圧と復活   大本教の聖地再建  大本教  弾圧  明治憲法と昭和憲法の構造の中で  噴出する諸問題  長生殿の建設  宗教と芸術  寛容ということ
5 土地総有とイザイホー   神の島の土地所有、沖縄久高島
新しい土地所有論はありうるか  絶対的土地所有から総有へ  久高島とは  土地総有  総有から「共有」へ、そして「字所有」へ  敗戦そして戦後  土地憲章の制定  聖地  神話の具体地  イザイホー  哀切な祈り  神は遠くに  生きてゆく
6 そこにベンチがあるから   巣鴨・とげぬき地蔵
自殺  おばあちゃん達の「聖地」  高岩寺  寺の魅力とは何か  お参り  ベンチ
地蔵通り商店街居場所がない  孤独からの解放
7 密厳浄土   再び高野山
時間を越えた「架空の対話」の試み――空海とアレグザンダー  人口激減  女人禁制と密厳浄土  近代の衝撃  祈りの道  もう一つのシナリオ
第3章
空海の見た長安  長安のミヤコ  曲江  平安京と高野山  密巌浄土



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533