HP内の目次へ・検索もできます! 創発まちづくり

3882号      3884号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻3883号


《創発まちづくり》

編著:和田崇
発行:学芸出版社
定価:2,310円(本体2,200円+税5%)
四六判・264p
4-7615-2376-X
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
最近のまちづくりでは、傑出したリーダーや行政が主導するのではなく、一人一人の思いや動きを大切にし、それが相互に作用することで大きなうねりやかたちにつながる創発まちづくりの例が少なくない。本書は広島で活躍する7人の専門家による相互作用の場づくりの事例と手法を具体的に紹介し創発につなげる9つの原則を示す。
<目次>
はじめに
第1章 地域再生の実践「コンバージョン、SOHOをツールとして」
    千代田区SOHOまちづくり構想と船場デジタルタウン構想
1・1 知の時代の地域再生−コンバージョンとSOHO−
1──自動車的スペースとラジオ的スペース
2──都市再生、地域再生とグローバル化、ローカル化
3──ローカル化に対応する都市再生、地域再生
4──秋葉原と知価産業の集積
5──秋葉原の二つの動向 −SOHO立地促進と大規模再開発−
1・2 コンバージョンとSOHOによる地域再生
1──二つの地域の課題と背景
2──二つの対象地域の特性とその地域構想
第2章 神田・秋葉原地域におけるSOHOまちづくり
2・1 地域の歴史的成り立ち
1──神田・秋葉原地域とは
2──江戸期のまちの成り立ち
3──明治期のまちの成り立ち
4──震災復興期のまちづくり
5──青果市場移転と秋葉原電気街の成立
6──神田の現況と課題
7──秋葉原のまちづくりと課題
2・2 SOHOまちづくり構想
1──SOHOまちづくり構想の経緯
2──SOHOまちづくりの事業イメージ
3──民間ベースでのビジネスモデル研究へ
2・3 千代田区における個別プロジェクト
01 リナックスカフェ
Interview リアルなアクションプランが必要だ……平川克美氏
02 REN-BASE UK01
Interview 界隈型家守の実践的展開……清水義次氏
03 ちよだプラットフォームスクウェア
Interview SOHO事業者のコラボレーションを誘発……藤倉潤一郎氏
04 泰岳ビル
Interview 家守が地場産業振興に果たす役割……鳥山和茂氏
2・4 SOHOまちづくりの課題と展望
1──行政支援の難しさ
2──建て替えへの対応
3──オーナーの連携
4──家守ビジネスの継続
5──タウンマネジメントへ
第3章 船場地域におけるSOHOまちづくり
3・1 地域の現状
1──船場地域の地勢、歴史・変遷
2──現在の船場
3・2 船場デジタルタウン構想
1──構想策定までの経緯
2──構想の背景、目的と概要
3──構想の段階的戦略
4──構想の推進
3・3 船場デジタルタウン構想に関連した個別プロジェクト
01 南船場在宅ワーク型住宅
02 船場瓦町在宅ワーク型住宅・船場淡路町在宅ワーク型住宅
03 アルファデジタルボックス南本町
04 SOHO LINK長堀
05 アクティブタウン
06 北浜T4B
07 鎗屋アパートメント
3・4 船場の地域再生の動き
1──船場地域のSOHO
2──地域再生に向けた動き(地元活動)
第4章 コンバージョン、SOHOによる地域再生
4・1 IT産業と地域再生
1──21世紀都市における三つの変化と三つの問題
2──なぜ都市再生・地域再生と新産業が関係あるのか?
3──なぜIT産業がベンチャーの代表・典型例なのか?
4──なぜIT産業が中心市街地再生に有効なのか?
5──IT産業の職場はSOHOから始まるのが典型
6──日本の例
7──都市再生の有力手段としてのSOHOビル
4・2 SOHOによるまちづくりとeネットワーク化
1──SOHOによるまちづくりとは
2──SOHOのネットワーク化とSOHOによるネットワーク化
3──公民連携による新たな地域経営、地域プロデュース
4──eコミュニティ・プラットフォームのコンセプト
5──地域プロデュースに関するケーススタディ
6──札幌市における取り組み
7──藤沢市における取り組み
8──島田市における取り組み
4・3 地域経済再生からみたSOHOコンバージョン
1──空室の存在が前提
2──大型ビルの竣工と中小ビルへの影響
3──空室率が上昇すると何が起きるか
4──地方圏でも同様の状況
5──家守の役割
6──家守の弱点と家守キット
7──家守ファンドの発想
8──家守のビジネスモデル
9──実例からみる工夫
4・4 コンバージョンの建築的可能性と地域再生
1──床面積至上主義が招く都市の混乱
2──対象の反転
3──新しい評価軸の検討
4──建築を採点する
5──創造的評価
6──複合市街地の現状
7──複合市街地への応答
8──単体から政策へ
参考文献



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533