茶室に学ぶ_日本建築の粋_

922号      926号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻924号


《茶室に学ぶ》
_日本建築の粋_

著者:日向進
発行:淡交社
定価:本体1800円+税
21cm141p
4-473-01901-2
ご購入フォーマットへ!送料をお確かめ下さい!
室町時代に「座敷」という典型的な和風の生活空間が成立し、侘び茶の空間=茶室はこのような空間の中に胎胚した。茶座敷から茶室へと展開していく変遷を追いつつ、床の間や窓を中心に茶室の様々な構成や意匠について案内する。
【著者紹介】
1947年生まれ。京都工芸繊維大学大学院修士課程修了。現在、同大学教授。著書に「近世京都の町・町屋・町屋大工」「窓のはなし」など。