住まいを語る

910号      914号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻912号


《住まいを語る》
_体験記述による日本住居現代史_
著者:鈴木成文
発行:建築資料研究社
定価:本体2600円+税
21cm237p
4-87460-746-2
ご購入フォーマットへ!送料をお選びください!

住まいの実態と住様式の変遷に視点を当て、生活と空間の対応関係、住居の変容の過程を叙述し、日本の住空間の特質を論じるとともに、住居研究の方法としての体験記述を試み、提示する。99年刊「住まいを読む」の姉妹編。
<著者紹介>
1927年東京生まれ。東京大学大学院修了。東京大学名誉教授。現在、神戸芸術工科大学学長。著書に「住まいを読む」「住まいの計画・住まいの文化」など。