建築の設計と責任

856号      860号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻858号



《建築の設計と責任》
_なぜ今も地震で建物が壊れるのか_

著者:多田英之
岩波:岩波書店
定価:本体2200円+税
19cm169p
4-00-022721-1
ご購入フォーマットへ!送料をお選びください!
日本に初めて免震建築を導入した設計家である著者が、利権などの様々な困難と苛烈に闘い続けて来た道のりを示しつつ、真に優れた建築を生む設計者倫理とは何かを語る。社会的財産としての建築のあり方を問い直す一冊。
【著者紹介】
1924年大阪市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。日建設計入社。設計部長等を経て、福岡大学工学部建築学科教授に就任。95年日本免震研究センターを設立。著書に「免震」がある。