コンパクト建築設計資料集成 バリアフリー

854号      858号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻856号


《コンパクト建築設計資料集成 バリアフリー》
編集:日本建築学会
発行:丸善
定価:本体8,000円+税
A4・158頁
4-621-07010-X
ご購入フォーマットへ!送料をお選びください!
「バリアフリー」という概念自体は話題になって久しいが、現実の住宅、教育施設、商業施設といった各種建物や移動空間である道路など、これまでは社会的なあらゆる状況が対応不十分であり、世界的に見ても日本の実情は極めて遅れていると言わざるを得なかった。 しかしながら、各種交通施設への法制度整備をはじめ、百貨店や劇場・病院等のバリアフリー化が義務規定に強化されるなど、ここへ来て障害者や高齢者のための大改革が目前にまで迫っている。
本書では、建築の計画や設計に不可欠な「バリアフリー」の基礎から応用までのすべてを、図面、写真、各種データを用いてわかりやすく解説する。これからの建築設計には必要不可欠な一冊である。
<目次>
1編 基礎編
1章 基本概念
2章 人の特性と空間要素
2編 空間編
1章 通行ルート
2章 サニタリー
3章 生活空間
4章 特別空間
  4-1 集会 アセンブリー
  4-2 商業・販売 ショッピング
  4-3 図書 ライブラリー
  4-4 郵便局・銀行
  4-5 スポーツ
  4-6 業務 オフィス
  4-7 宿泊 ホテル
  4-8 展示 博物館
  4-9 障害疑似体験空間
  4-10園芸 ガーデン
3編 建物編
1章 ハウスアダプテーション
  1-1 概要(木造、RC,室構成等)
  1-2 ハウスアダプテーション 日英
  1-3 障害とホームエヴァリュエーション
  1-4 関連補助制度
  1-5 英国の事例
  1-6 日本の事例
2章 福祉施設 概要/コミュニティ施設/高齢者施設/身体障害者施設/
       知的障害者施設/
3章 学 校
  3-1 概要
  3-2 視覚障害児の教育環境
  3-3 聴覚障害児の教育環境
  3-4 知的障害児の教育環境
  3-5 肢体不自由児の教育環境
  3-6 重度重複障害児の教育環境
  3-7 病弱児の教育環境
  3-8 大学におけるバリアフリー環境
4章 子ども病院
5章 まちづくり
6章 交通施設・システム計画
参考資料(法規一覧)
事例データシート
索引