プラハを歩く / 伝統の創造力

698号      704号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 701号


≪プラハを歩く≫
新赤版757
著者:田中充子
発行:岩波書店
定価:本体740円+税
    新書判238P
4-00-430757-0
 ご購入フォーマットへ!送料をお選びください!
ロマネスクの教会,ゴシックの大聖堂から,アールヌーヴォーのアパート,キュビズムの住宅まで,時の流れに抗していくつもの建築様式が残る街,プラハ.その独特の魅力をさがして街を歩いてみよう.―街並みと人々を語りながら,随所に建築家の目が光る,ユニークな案内書。
≪伝統の創造力≫
新赤版762
著者:辻井喬
発行:岩波書店
定価:本体700円+税
    新書判224P
4-00-430762-7

ご購入フォーマットへ!送料をお選びください!
日本の文化が衰弱していると感じられるのはなぜか.教育改革論議で典型的に見られる「伝統尊重」の狙いは何か.情報化・消費の進行に注意しながら,思想性に着目して,詩歌・小説の歩みを検証.伝統を「大胆な自己革新を行う運動体」「新しい芸術文化を形成する源」と位置づけて,混迷する時代における芸術・社会の再生を問う.