ハウジング・コンプレックス

542号      550号


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 548号


≪ハウジング・コンプレックス≫
_集住の多様な展開_
(建築デザインワークブック2 )

編著:井出建/元倉真琴
発行:彰国社
定価:本体価格3800円+税
29cm191p
4-395-20072-9

送料をご確認ください!  ご購入フォーマットへ!
<主要目次>
1 論文/現代の集合住宅  
2 実例の解析/都住創徳井町,ビラ・セレーナ,桜台コートビレジ,
  緑園都市,りりぱっとはうす,コモンシティ星田,ほか合計18例  
3 設計図面資料
 集合住宅の「量を満たす」時代から「質を高める」時代への変換が指摘されてかなり久しい。そのための模索が現代も続いているといわれる。著者たちも,集合住宅を設計する最前線で日々の活動を進めている。本書は,これら豊かな設計の経験に基づいて,集合住宅設計の今日的な問題点を,実例の解析をとおして鋭く問い直している。
<著者紹介>
〈井出〉1945年東京都生まれ。東京芸術大学美術学部建築科
卒業。共著書に「現代建築用語録」等。