土門拳古寺を訪ねて_斑鳩から奈良へ_


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 438号


≪土門拳古寺を訪ねて≫
_斑鳩から奈良へ_ 

著者:土門拳 写真・文
発行:小学館
定価:本体価格838円+税
16cm205p
(小学館文庫 )
4-09-411421-1

送料をお確かめ下さい!ご購入フォーマットへ
写真家・土門拳が戦前戦後を通じて見つめ続けた古寺と仏像。その土門の眼で訪ねる古寺ガイド「斑鳩から奈良」編。普遍的な魅力と迫力を持つ写真がモノクロ・カラー合わせて約80点。名エッセイストとしても知られた彼の文章を盛り込んだ"読んで見る"ハンディなビジュアル文庫。

「見えてくるものだけを撮る」……常に被写体と真摯に向き合った写真家・土門拳が、昭和15年から晩年の車椅子による撮影に至るまで、ライフワークとして取り組んだ名作「古寺巡礼」。いわばその名作選ともいえる"読んで見る"写文集が、ファン待望のハンディサイズで登場。各エッセイストとしても知られる彼の文章と90点以上のカラー・モノクロ作品が普遍的な迫力で魅了する、『土門拳の眼で見る古寺案内』です。

関連図書:「拳眼」 <国宝の旅>