≪都市ができるまで≫


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 387号

≪都市ができるまで≫
_インフラストラクチュアからみた都市のはなし_

共訳:望月重武(蔵工業大学教授)
   星聡美(大建設計)
定価:本体価格1800円+税 A5版144p
発行:森北出版


【目次】
著者の序文/
訳者の序文/
水,どこにも水が/
水の運搬/
灌漑/
赤,青,そして黒のハイウェイ/
鉄の馬/
なぜ橋
は色々な形をしているのでしょうか/
ワイヤー,どこにもワイヤーが/
トイレの水を流すと,何が起こるのでし
ょうか/すべてのごみはどこへゆくのでしょうか/
汚染/
用語解説/
索引
都市インフラを題材に、身近な材料を用いた実験や例で、
建築構造を高校生でもわかるように平易に楽しく解説。
これから建築を目指す人や建築に携わりながらも建築
構造を苦手とする人に格好の入門書。