「修復の手帳」


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 382号

修復の手帖 Vol.2_100年先の修復を考える_  ←在庫あり

ジャポニスムを後世に伝えよう!
千載一隅,歴史をひもとく瞬間がここにある……

品切れ絶版
「修復の手帳」


編集:
(財)文化財建造物保存技術協会

発行:
文化財保護法50年記念協賛事業実行委員会

定価:
本体価格1,000円+税


送料をお確かめ下さい!

ご購入フォーマットへ
本書には現在修復中の国宝・重要文化財・特別史跡の修復現場の紹介のほか、「建築の楽しみ方」と題した対談や各々の現場にまつわる講演、さらには文化財を支える施工関係者の連絡先等、修復にかかわる情報が満載です。

<文化財を支える施工関係者>
文化財修復の技術は,論文などの書物のなかではなく,修復の現場で直に伝えられていくものです.資材関係者を含めた施工関係者が存在しているからこそ,我が国の貴重な文化財が時代を越え,世紀を越えて存在していると言えます.しかし,施工関係者側の存在が極めて厳しい状況に置かれているのが現状です.このために我々は,常日頃からこうした施工関係者の方々と共に研鑚を積み重ねています.ここにあげた施工関係者は,今回「文化財保護法50年記念協賛事業 文化財修復現場一斉公開」にご協賛くださった方々です.このほかにも,全国には伝統技術の継承に必死の努力を続けておられる施工関係者の方々もいることでしょう.この機会に是非とも我々に声をかけていただきたく思っております.我々もそうした施工関係者の方々のお力に少しでもなれるよう,今後とも努力を重ねてまいる決意です.[(財)文化財建造物保存技術協会]

<目次>
・記念対談「建築の楽しみ方」鈴木博之×藤森照信
・修復に手帳
 重要文化財 旧笹浪家住宅
 国宝    大崎八幡宮本殿・石の間・拝殿
 重要文化財 本門寺五重塔
 重要文化財 自由学園明日館
 重要文化財 勝興寺本殿
 重要文化財 専修寺御影堂
 重要文化財 一乗寺本堂
 重要文化財 太田家住宅
 重要文化財 山口県旧県会議事堂
 特別史跡  熊本城跡西出丸一帯建造物復元整備
 重要文化財 赤神神社五社堂
 重要文化財 飯高寺講堂
 重要文化財 浄興寺本堂
 重要文化財 旧高野家住宅
 重要文化財 観音寺多宝搭
 特別史跡  平城宮跡東院庭園隅楼
 重要文化財 玉若酢命神社本殿
 重要文化財 国分寺金堂
 重要文化財 切幡寺大搭
 重要文化財 旧恵利家住宅
 重要文化財 旧長崎税関下り松派出所
 重要文化財 八千代座
・文化財を支える施工関係者(一覧表)