「感性論-エステティックス 」


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 380号

 
「感性論-エステティックス 」
_開かれた経験の理論のために_
著者:岩城見一
発行:昭和堂
定価:本体2800円+税 21cm 445p
4-8122-0112-8
 

「イメージ」の内に生きる人間の「経験」は固定された
唯一のものではない。「イメージの力」「美の世界」
「表現の世界」「表現プロセスの探求」の四つの章を通
して、人間経験の特殊な構造を具体的に明らかにするこ
とを試みる。
【著者紹介】
1944年兵庫県生まれ。京都大学文学研究科博士課程
(美学美術史学)単位取得退学。
 現在、京都大学文学研究科教授。