「敦煌ノ華」


京都発大龍堂:メール マガジン通巻 274号

東寺書院・敦煌

好評発売中!!

敦煌ノ華

編著:
遠藤信好

定価:11,550円
(本体11,000円+税5%)
発行:
東寺書院
送料をご確認下さい! ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして頂き、ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!★







「敦煌ノ華」を知っていますか?
街角を曲がれば色彩や構築物、風、月、詞歌が織り成す世界、林間に酒を暖め紅葉を焼くと云う言葉を語る白居易(中唐)の長恨歌を何度かなぞられたと思われる情況劇場が、かってあつた処我が町京都。中国は北京や蘭州の四合院が誘うかのような風物誌、そして都市空間をいかに演出するかは古代社会のおもいでした。莫高窟が発見され100年になり、紀元前成立した古代の都沙州敦煌より我が町京都に嫁いできたある女性の半生が綴られると共に歴史空間に描写される工人の凄み、知はいつも建築への意志に支えらし美の世界のなかで綴られてきた日中交流史が河西回廊の表情を語り出す壮大な知のストック。現代の我々が忘れかけているゆかしい(みて、ふれて、思考する)世界を通した物語です。読者がシルクロードを行き交うがごとく。黄河文明を源とする色を連想させる和紙に18万余字におよぶ手書きの和綴じで、見返しには著者が莫高窟内でスケッチした挿絵付。

莫高窟内でスケッチした絵

挙月寶痩@
〒6018474 京都市南区東寺南門前四ツ塚町92
TEL:075-661-0118 FAX:075-661-0350