計画・設計のための建築情報用語事典 / BRUCKENBAU_博物館で学ぶ橋の文化と技術_

1658号      1663号


京都発大龍堂:通巻1660号


★《計画・設計のための建築情報用語事典》

編集:日本建築学会
発行:鹿島出版会
定価:2,625円(本体2500円+税)22cm211p
4-306-04432-7

ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
計画・設計に必要な建築情報に関連する用語内容について、70余のキーワードと200余の関連項目で解説。情報活用に際し、参考となる事例で、読んで用語を理解し、実務にも役立つ事典。
<主要目次>
この本の構成と使い方
[情報と計画・設計]
□1-A 計画・設計の流れと情報
□1-B 情報をめぐる行為
[関連用語集]
□2-A デザインにつながる情報
□2-B 情報のサーチ
□2-C 設計とデジタル情報
□2-D デジタル情報技術
□2-E プロジェクト進行と情報
□2-F 設計をめぐる情報
[INDEX]

■《BRUCKENBAU》
_博物館で学ぶ橋の文化と技術_
編著:ディルク・ビューラー(ドイツ博物館)
監訳:中井博、栗田章光
訳:海洋架橋監訳調査会
発行:鹿島出版会
定価:1,890円(本体1800円+税)22cm205p 付図:2枚
4-306-09369-7
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
ドイツ博物館で話題の「橋のコーナー」における学習ガイドブック。橋への興味を喚起し、橋を知る喜を提供、橋の建設の歴史、ひいては世界的な新技術の発展や新施工法も明ら
かにしています。
<著者紹介>
〈ビューラー〉アーヘン工科大学博士課程修了。メキシコでラテンアメリカ建設史に関する研究などに従事し、現在はドイツ博物館における建設工学部門の責任者を務める。
<主要目次>
橋とは本来なんなのか/力学:力のつり合いに関する1つの疑問
アーチ橋○一目でわかるアーチの支持形式/石造アーチ橋/
型枠に注ぎ込まれた石造のアーチ橋(コンクリートアーチ橋)/
木製アーチ橋/鉄と鋼によるアーチ橋
桁 橋○桁橋の概要/もう一度:ローマ人/骨組み構造:トラス/
単純な形式…近代的な施工方法支承/伸縮装置の構造
吊 橋○応力/展示室内の橋/吊橋…支間長の記録保持者/
軽さの勝利/吊床版橋
可動橋
ユートピア
展示物の歴史と展示の歴史○伝統のある展示/
来館者用の橋梁の建設(用語解説/最長記録/ガイドマップ)