成熟のための都市再生_人口減少時代の街づくり_

1622号      1626号


京都発大龍堂:通巻1624号

《成熟のための都市再生》
_人口減少時代の街づくり_

著者:蓑原敬
発行:学芸出版社
定価:2,625円(本体2500円+税)
21cm239p
4-7615-2314-X
ご購入フォーマットへ!送料をお選び下さい!
美しく成熟する都市と田園回復への意志を持ち、デザイン・計画・政策を変革する動きを提唱。街づくりの政策を、福祉の裏付けを持った人間的な政策に転化すると同時に、文化の香りがする政策に転換させる方法を探る。
<目次>
はしがき
序 章 成熟の果実を求める
第T部 成熟のための政策転換
第1章 街づくりが直面する課題とその打開策
 人口減少時代の住まいと街づくり:その前提条件
 成熟時代の都市再生戦略
第2章 住宅政策から住まい街づくり政策へ
 住宅政策よさようなら
 あるべき住まい街づくり政策の基本構造
*埼玉県の住宅政策懇談会の答申骨子と委員コメント
第3章「都市計画」から「暮らし街づくり計画」へ
 「都市計画」とは何であったか
 当面の行動計画
 「暮らし街づくり計画」成立の前提条件と実行方策
*法定都市計画の限界と可能性 鶴岡市の線引き制度導入を巡って
 ―佐藤滋氏との往復書簡
第4章 新たな都市開発手法と体制の変革
 都市再開発制度の変革に向けて
 都市再生を進める組織:街組会の仕組みの提案
第U部 街づくりの実践から
第5章 二一世紀、街づくりのエスキス
 生命と街づくり
 生活都市計画へ
 福岡アイランドシティへの提案
第6章 都市デザインのゆくえ
 マスター・アーキテクト論に寄せて
 都市デザインと区画整理
*インタビュー:アメリカのアーバンデザインと日本の都市デザイン
第7章 都市経営から考えた街づくり
 都市経営とは何か
 都市経営を考えた街づくり
 日本ではどうする?
第8章 産業構造の変革に対応する都市政策
 産業構造の転換と都市計画
 都市計画において暫定利用とは何か
エピローグ:サステイナビリティへの胎動
あとがき