ニュース

格致学区で「写真展」が開催されました

2017/11/30(木) 11:30
11月25日(土)〜26日(日)の二日間、格致学区社会福祉協議会と格寿クラブ(シルバークラブ)主催で「写真展」が開催されました。格致学区で初めての取組です。

『学区にお住いの方の撮ったプロ級の写真』
『昔懐かしい写真』
『社会福祉協議会・格寿ファミリークラブ(少年補導委員会)・格寿クラブの活動の様子が分かる写真』
『季節を感じる紅葉の写真』

などなど、見応えのあるたくさんの写真が展示されていました。

写真展の様子を格致学区社協のTさんがまとめてくださったのでご紹介します。
(Tさんは活動の様子を撮影したり記録化されています。「“好き”の気持ちと“得意”なコトを活かして、地域活動の中で自分が貢献できる部分をお手伝いしているんです」というTさんの言葉がとても印象的でした)
20171129131400551_0001.jpg
20171129131400551_0002.jpg

20171129131400551_0003.jpg
20171129131400551_0004.jpg
20171129131400551_0005.jpg
20171129131400551_0006.jpg
☆20171204085644060_0001.jpg
☆20171204085644060_0002.jpg
☆20171204085644060_0003.jpg
☆20171204085644060_0004.jpg
ただ写真を楽しむだけでなく、写真を見ながら語り合い、交流しあう、そんな素敵な場となった「格致写真展」でした!
報告 | - | -

西大路学区「京武生き活きクラブ」が開催されました!

2017/11/29(水) 12:05
10月28日(土)に西大路学区で「京武生き活きクラブ(調理実習)」が開催されました。

地域にお住まいの皆さんが、いつまでも元気に住み慣れた地域で暮らせるよう、
京都武田病院が地域と連携して毎年行っている企画で、今回がなんと27回目の開催になります。

当日のメニューは、三種の混ぜご飯おにぎり、根菜のはさみ焼き、かぶのみぞれ汁とフルーツ大福。調理師さんのご指導のもと、栄養についてのお話もしていただきながら、参加者全員で手分けして調理を行いました。調理の合間にはお話しも弾み、参加者同士の交流も深まりました。

DSC02376.jpg
DSC02378.jpg
関係機関と地域が協力しあい、住み慣れた地域でいつまでもイキイキと暮らし続けることにつながる素敵な取り組みです!
報告 | - | -

七条第三学区にて「声かけ訓練」を実施します!

2017/11/17(金) 18:23
「もし認知症のある方が迷子になられたら?」
「もしそんな方を見かけたら、どんな声かけをしたらいいの?」

“そんなこんな”をみなさんと一緒に体験しながら学ぶ訓練をします!

今回は、七条第三学区自治連合会のお力をお借りして、高齢者福祉施設西七条/京都福祉サービス協会西七条事務所/高齢サポート・島原/下京区社会福祉協議会が主催で実施します。


開催日時は平成29年11月25日(土)10時〜11時です。

●Aコース 高齢者福祉施設西七条⇒七条第三児童館⇒小町湯⇒比輪田公園⇒高齢者福祉施設西七条

●Bコース 高齢者福祉施設西七条⇒比輪田公園⇒京都銀行西七条支店前⇒高齢者福祉施設西七条 

の2つのルートで、七条第三学区内を訓練ののぼり旗とともに歩いていますので、ぜひ声をかけてくださいね!

「認知症になっても安心して暮らし続けられる地域」を一緒に作っていきましょう!

七三学区声かけ訓練チラシ.pdf
お知らせ | - | -

「“みんなでたすかる防災”について考える講座」を開催しました

2017/11/06(月) 10:39
10/26(木)「“みんなでたすかる防災”について考える講座」を開催しました。
障害がある人もない人も“みんなでたすかる”にはどうすればいいのか、近年言われている“インクルーシブ防災”をテーマに、“みんなで”考えました。

定員を大きく超える人数の参加希望をいただき、担当者はうれしい悲鳴。
当日は座席配置を見直して、みなさんに参加していただくことができました。

【プログラム1】
下京区身体障害者団体連合会 会長の小坂さんと手話サークルつぼみの会の黒木さんにご協力いただいた、トークセッションの様子。
プログラム1.jpg

「聴覚障害があっても手話通訳を頼むなどして積極的に地域行事に参加している」「障害者を特別な存在とせず、お互いできない部分を補いあうことが共に生きるということ」など、お2人の体験に基づくお話に、参加された方からは「ガツンと頭をたたかれたような思いでした」「気持ちのバリアをこわすのがバリアフリーだと思った」といった声が聞かれました。

お2人のお話はすぐさま職員がホワイトボードに書き込み、最後におさらい。
白板アート.jpg

イラストも入れて分かりやすく…
誰が聞いても、誰が見てもわかる!!これも“みんなでたすかる”為には大事なことですね。

【プログラム2】
防災士の前川さんによる講座、の前に「みなさん、こんなんできますか?」
この後はじまる前川さんのお話には、「自助・共助・共助に加え、普段からの『互助・近所』が大切」というメッセージと共に、防災に役立つ“目からウロコ”の情報がいっぱい!
みなさんメモを取りながら熱心に聞き入っていました。
プログラム2.jpg

会場には防災士さんが持って来てくださった防災グッズの展示もありました。
気になるグッズを手に取って興味津々。
防災グッズ.jpg

段ボールでできたベッドや簡易トイレにも実際に触れ、その安心感にびっくりしていました。

この他にも、災害ボランティアセンターや福祉避難所についての情報提供もあり、ご協力いただいた方々と参加された方々の熱気に満ちる、充実した講座となりました。

災害はいつどこで起こるか分かりません。その時に自分が元気だとも限りません。“みんなでたすかる”ために日頃から何ができるか、みなさんも一緒に考えていきませんか?
報告 | - | -

page top