ニュース

西大路学区 「生き活き長生きのための健康学習会」

2017/07/28(金) 15:31
7月21日(金)に西大路学区で健康学習会が開催されました。

地域にお住まいの皆さんが、いつまでも元気に住み慣れた地域で暮らせるよう、
京都武田病院が地域と連携して毎年行っている高齢者の方に向けた学習会で、
今年で23回目の開催になります。

今回もたくさんの地域の方が参加されていました!

夏に気を付けたい病気や、体に良い食べ物について学びました。
DSC00842.jpg

転ばない体作りの基本は定期的な運動をすることです!
家庭でできる健康体操をして体を動かしました。
DSC00845.jpg

このように、関係機関と地域が協力し合い、様々な地域活動に取り組んでいます。
関係機関と地域が協力することで、お互いの顔が見える関係、相談しやすい関係になり、お困りごとなどをすぐにキャッチすることができます。
下京区社協も地域の皆さんと一緒により良い地域づくりをサポートしていきます。
報告 | - | -

「社会を明るくする運動」が行われました

2017/07/24(月) 13:00
7/15(土)に、下京中学校及び祇園祭会場にて、
「社会を明るくする運動」が行われました。
「社会を明るくする運動」とは、
犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、
犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動(http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.html)で、
今年で67回目を迎えます。

001219741.jpgキャラクターの更生ペンギンのホゴちゃん、サラちゃん。
かつて非行ペンギンでしたが、周りの方の支えで更生ペンギンになりました。
https://twitter.com/MOJ_HOGO/status/633578090061434880
https://twitter.com/MOJ_HOGO/status/741125341511573508
DSC00811.jpg
下京中学校から四条烏丸までパレードし、
あわせて街頭啓発を行いました。
DSC00821 (2).jpg
祇園祭、この日は前祭の期間でした!


「どうしたら、立ち直ろうとしている人を受け入れていけるかな?」
「犯罪や非行をする人を生み出さないために、何が出来るかな?」と
考えられるような地域づくりを、
下京区社協も地域の方々と共に取り組んでいきます!
報告 | - | -

「尚徳すこやかカフェ」が開催されました

2017/07/20(木) 08:30
尚徳学区で居場所活動「尚徳すこやかカフェ」が開催されました。

会場では、地域役員の方がコーヒーを入れてくださっており、
会場の外までコーヒーの良い香りがしています。
IMG_8681.JPG
コーヒーやお茶を飲みながらお話したりして、皆さん過ごされていました。
男性の方々も盛り上がっておられるご様子でした!
IMG_8699.JPG
そのあとは、京都の伝統技術のビデオ鑑賞やゲームを行いました。

「また来るわ!」と笑顔で帰っていかれた方もおられました。
このような居場所活動を通して、地域の方々の顔なじみの輪が広がっています。
報告 | - | -

「梅逕学区 健康すこやか学級」が開催されました

2017/07/19(水) 09:43
梅逕学区の健康すこやか学級におじゃまさせていただきました。

最初に、高齢サポート・下京 中部の職員さんから熱中症予防のグッズの配布と
福祉のお話がありました。
DSC00741.JPG
健康すこやか学級が開催された日も真夏日でした。
皆さん、熱中症に気を付けて元気に夏を過ごしましょうね!

さて、今回の内容は手芸です。
手先を使うことは認知症の予防にもなります。
DSC00745.JPG
参加された方々は、和気あいあいとした雰囲気で手芸をしておられました。

会場には、地域の方が持ってきてくださったお花が飾ってありました。
季節を感じたり、会場が明るくなるような雰囲気作り、素敵ですね。
DSC00732.JPG

健康すこやか学級では、介護予防に関する様々な内容を行っています。
皆さんが住み慣れた地域でいつまでも元気に暮らしていただけるよう、
地域の方々と一緒に健康すこやか学級に取り組んでいきたいと思っています。
報告 | - | -

下京区地域支え合い活動入門講座を開催します!

2017/07/18(火) 14:12
高齢者向けのボランティア等を希望される方に対して、生活支援に関する基本的な知識や、実際に何らかの活動を始めるために役立つ情報を提供する「地域支え合い活動入門講座」を実施します。

ご自身の力を「支え合い」に活かしたい方、これからボランティアを始めてみたい方など、地域の支え手としてご活躍いただける方の受講をお待ちしています。

日時:平成29年8月31日(木)13:30〜15:30

場所:下京総合福祉センター2階
   (下京区花屋町通室町西入乾町292)

対象:京都市で、ボランティア活動などの社会活動により
   高齢者の生活支援を行うことに興味のある方

定員:30名

内容:々睥霄圓鮗茲蟯く状況と介護保険
   高齢者の身体と心、暮らしを知る
   ボランティア活動を始めるための基礎知識
   す睥霄圓鮖抉腓垢襯椒薀鵐謄アの実際

申込方法:先着順。平成29年8月25日(金)までに、電話、郵便、FAX
   又は、Eメールのいずれかの方法でお申込みください。
   ・郵送、FAXの場合は、下記チラシの「受講申込書」をご使用ください。
   ・〇疚勝Δ佞蠅な、年齢、性別、そ蚕蝓ν絞愴峭罅
     ヅ渡暖峭罎鯡正ください。
  
チラシ ↓↓
入門講座チラシ.pdf
申込・問合せ:
   下京区地域支え合い活動創出コーディネーター(※)
   電話  (075)361−1881  
   FAX (075)361−1663
   Eメール fukusi09@mediawars.ne.jp

 ※京都市が、地域で高齢者を支えていくために必要な生活支援サービスの創出や担い手の養成、ネットワークの構築を目的として各区社会福祉協議会に配置しているコーディネーターです。

入門講座チラシ.jpg
お知らせ | - | -

出張なんでも相談会を開催します!

2017/07/18(火) 13:21
7月28日(金)に、下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク主催の、
平成29年度 第1回「出張相談会」が開催されます。


日時:7月28日(金)
   13:30〜15:30(最終受付15:00)

場所:下京総合福祉センター3階
   (下京区花屋町通室町西入乾町292)

申込:下京区社会福祉協議会にお電話ください
   筺。械僑院檻隠牽牽
   ※当日の相談も可能です!


みなさんのお悩み・お困りごとについて、
法律、福祉・介護、医療、その他各方面の専門家がチームで様々な相談に応じます!

 例えば、こんなお悩みごと・お困りごとはございませんか?
 ・介護や福祉、お体や医療、認知症、在宅看取り
 ・老後のお住まい、摂食嚥下、お薬でのお困りごと
 ・相続や遺言、成年後見、相続税などの税金、消費者被害や法律問題のこと
 ・虐待の問題、その他高齢者の生活にかかわる様々なご相談・お悩み

 高齢者ご本人だけでなく、ご家族やケアマネジャーからのご相談も受け付けています!

詳細は、下記をクリックし、チラシをご覧ください。
↓↓
H29第1回出張相談チラシ(事業所).pdf


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
下京区社協も参画している「下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク」は、下京区において、高齢者の権利を擁護し、高齢者の尊厳を守るために、行政・関係諸団体と広く連携して、高齢者に関する問題や課題に取り組むことを目的としてるネットワークです。
お知らせ | - | -

「平成29年7月5日からの大雨災害義援金」募集について

2017/07/18(火) 08:30
京都市社会福祉協議会、各区の社会福祉協議会と老人福祉センターでは、
標記の義援金を募集しております。
頂いた義援金は京都府共同募金会に送らせて頂き、被災地の為に活用されます。

被災地を支えるために出来ることは、
現地でボランティア活動をすることだけではありません。
義援金などの「出来る範囲で支援を行う」ことも、被災地支援の一つです。
1日も早い復興のために、皆様のあたたかいご支援をお願い致します。

DSC00803.jpg
下京区社協では、受付カウンターにこちらの募金箱を設置いたしました!
お知らせ | - | -

下京こころのふれあいネットワーク実務者会議が開催されました

2017/07/13(木) 08:30
7/10(月)、下京区役所にて、
下京こころのふれあいネットワーク実務者会議が開催されました。
DSC_2489.jpg
この会議では、毎月1回、
下京区内のこころの病がある方を支える関係機関
(精神科医療機関・デイケア、指定特定相談支援事業所・生活訓練施設、
就労継続支援B型事業所、ヘルパー事業所、ハローワーク、区役所、区社協)
が集まり、講演会・地域懇談会・広報誌発行・作品展の企画や準備を行っています。

この日も、「参加者さんに、こころの病を身近なことだと感じていただくために、
どんな企画が出来るだろう?」
「どういった当事者の方にお話をお願い出来るかな?」といったことを話し合いました。
DSC_2491.jpg
メンバーはみんな、こころの病がある方の応援団です。
しかし、こころの病がある方がその人らしくあんしんして暮らせる下京区にするためには、もっともっと地域に応援団を増やしていく必要があります。
今後、企画した事業を行う際にはご案内させて頂きますので、
ぜひ皆さんのご参加をお願い致します!
報告 | - | -

九州北部を中心とした豪雨災害に関するボランティア等の情報について

2017/07/12(水) 09:00
九州北部を中心とした豪雨災害で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

このたび、京都市災害ボランティアセンターのウェブサイトでは、
・ボランティア募集の状況
・事前に確認・留意すること
・支援物資や義援金の情報
を掲載いたしました(情報は適宜更新されます)。

被災地を支えるために出来ることは、
現地でボランティア活動をすることだけではありません。
義援金などの「出来る範囲で支援を行う」ことも、被災地支援の一つです。
1日も早い復興のために、皆様のあたたかいご支援をお願い致します。

京都市災害ボランティアセンターのウェブサイトはこちらをご覧ください。http://ksvc.jp/news/

災害VC.jpg
お知らせ | - | -

page top