ニュース

「下京男塾」開講します!

2017/12/15(金) 17:25
下京区の男性のみなさん、お待たせしました!
「下京男塾」を開講します!

「生きがいづくり」「仲間づくり」をおこない、
その仲間とともに下京を盛り上げてい一歩とする
男性のための講座です


詳細は下記のとおりです。

■日程と内容

。鰻遑横尭(金)午前10時〜正午
 地域講座(地域とともに歩むおやじの話を聞く)
 珈琲講座(「出張おやじ喫茶」からコーヒーの淹れ方を学ぶ)

■卸遑夏(金)午前10時〜正午
 運動講座(身体チェックと運動の実践)

2月16日(金)午前10時〜正午
 写真講座(初心者でも上手く写真が撮れるコツを学ぶ)

ぃ卸遑横各(金)午前10時〜正午
 料理講座(栄養についてのお話と料理の実践)

ィ碍遑夏(金)午前10時〜正午
 地域講座(地域をどう盛り上げていくか語り合う)


■場所   下京区花屋町通室町西入乾町292
      下京総合福祉センター3階 会議室

■参加費  無料

■定員   20名
 
■対象    ・60代〜70代の男性
      ・下京区で仲間とともに何らかの活動をしてみたいと思われる方
      ・原則、全講座に参加できる方 

        ※どうしても難しい場合はご相談ください
  
■申込   先着順。平成30年1月23日(火)までに、電話、郵便、
      FAXまたはEメールのいずれかの方法でお申込みください。
      ・〇疚勝覆佞蠅な)、年齢、住所・郵便番号、づ渡暖峭罅
       ィ藤腺愴峭罎鬚知らせください
      ・受付後、折り返し「受講票」を送付します


この講座が、地域とともに第二の人生をイキイキと過ごしていただくことにつながればいいなと思っています。一緒に下京を盛り上げていきましょう!

スライド1.JPG
スライド2.JPG
PDF↓↓
男塾チラシ.pdf
お知らせ | - | -

活動充実のための講座 第2弾−広報の充実編(チラシの作りかた)−を開催!

2017/12/13(水) 17:29
地域で活動しておられるみなさま、

必要な人に、大切な情報が伝わっていますか?

「イベントに人が集まらない」「伝えたいことがうまく伝わらない」「人の目をひくチラシが作れない」などなど、広報に苦労されているお声をよくお聞きします。

本講座では、必要な人に、大切な情報が伝わるように、「チラシの作りかた」を学びます!

✐ 日 時:平成30年2月6日(火)13:30〜15:30

✐ 場 所:下京区花屋町通室町西入乾町292 下京総合福祉センター3階

✐ 内 容:【講義】「チラシの作りかた」
         ・何を伝えるためのチラシなのか(原稿の用意、5W1Hの説明)
         ・レイアウトの基本(色、写真、文字について)
         ・効果的な見出しについて
         ・みてもらうための工夫、楽しくするための工夫
           
      【デザインのプロへの相談コーナー】
         ・あなたの作成したチラシ、プロからアドバイスもらえます!

      講師は、特定非営利法人やさしいデザインさんです
      (デザインを軸に、やさしい社会づくりに取組んでおられます
       http://www.yasashiidesign.jp/ )
      
✐ 参加費:無料

✐ 対 象:地域で活動しておられる方で、「チラシの作りかた」を学びたい方

✐ 申 込:先着順。平成30年1月30日(火)までに、下記PDFの受講申込書に必要事項をご記入の上、ファックスまたはご持参ください。電話またはメールでの申込みも可能です。
 チラシがある方は事前にご提出ください(持参またはメール)
活動充実講座(チラシのつくりかた).pdf
ご参加をお待ちしています!
スライド1.JPG
スライド2.JPG
お知らせ | - | -

日本赤十字社京都府支部『地域防災セミナー』を受講しました

2017/12/05(火) 16:25
11月30日(木)下京区ボランティアグループ・サークル連絡会を開催しました。
今回は日本赤十字社京都府支部さんにご協力いただき、『地域防災セミナー』を受講しました。

日本赤十字社についての説明から始まり、実際の避難所生活でどんなことが起こるのか、家族やボランティアが知っておいた方がいいことや工夫の仕方を講義や実技で教えていただきました。


実技は協力して行います!
風呂敷でリュックサックを作ったり…
DSC02862.jpg


毛布をガウンにしたり…
DSC02889.jpg

この他にも、電子レンジのいらないホットタオルのつくり方(保温のコツ)も教えていただきました。
和気あいあいと共同作業。避難所生活でもこの共同作業が大切なんだそうです。
続きを読む>>
お知らせ | - | -

格致学区で「写真展」が開催されました

2017/11/30(木) 11:30
11月25日(土)〜26日(日)の二日間、格致学区社会福祉協議会と格寿クラブ(シルバークラブ)主催で「写真展」が開催されました。格致学区で初めての取組です。

『学区にお住いの方の撮ったプロ級の写真』
『昔懐かしい写真』
『社会福祉協議会・格寿ファミリークラブ(少年補導委員会)・格寿クラブの活動の様子が分かる写真』
『季節を感じる紅葉の写真』

などなど、見応えのあるたくさんの写真が展示されていました。

写真展の様子を格致学区社協のTさんがまとめてくださったのでご紹介します。
(Tさんは活動の様子を撮影したり記録化されています。「“好き”の気持ちと“得意”なコトを活かして、地域活動の中で自分が貢献できる部分をお手伝いしているんです」というTさんの言葉がとても印象的でした)
20171129131400551_0001.jpg
20171129131400551_0002.jpg

20171129131400551_0003.jpg
20171129131400551_0004.jpg
20171129131400551_0005.jpg
20171129131400551_0006.jpg
☆20171204085644060_0001.jpg
☆20171204085644060_0002.jpg
☆20171204085644060_0003.jpg
☆20171204085644060_0004.jpg
ただ写真を楽しむだけでなく、写真を見ながら語り合い、交流しあう、そんな素敵な場となった「格致写真展」でした!
報告 | - | -

西大路学区「京武生き活きクラブ」が開催されました!

2017/11/29(水) 12:05
10月28日(土)に西大路学区で「京武生き活きクラブ(調理実習)」が開催されました。

地域にお住まいの皆さんが、いつまでも元気に住み慣れた地域で暮らせるよう、
京都武田病院が地域と連携して毎年行っている企画で、今回がなんと27回目の開催になります。

当日のメニューは、三種の混ぜご飯おにぎり、根菜のはさみ焼き、かぶのみぞれ汁とフルーツ大福。調理師さんのご指導のもと、栄養についてのお話もしていただきながら、参加者全員で手分けして調理を行いました。調理の合間にはお話しも弾み、参加者同士の交流も深まりました。

DSC02376.jpg
DSC02378.jpg
関係機関と地域が協力しあい、住み慣れた地域でいつまでもイキイキと暮らし続けることにつながる素敵な取り組みです!
報告 | - | -

七条第三学区にて「声かけ訓練」を実施します!

2017/11/17(金) 18:23
「もし認知症のある方が迷子になられたら?」
「もしそんな方を見かけたら、どんな声かけをしたらいいの?」

“そんなこんな”をみなさんと一緒に体験しながら学ぶ訓練をします!

今回は、七条第三学区自治連合会のお力をお借りして、高齢者福祉施設西七条/京都福祉サービス協会西七条事務所/高齢サポート・島原/下京区社会福祉協議会が主催で実施します。


開催日時は平成29年11月25日(土)10時〜11時です。

●Aコース 高齢者福祉施設西七条⇒七条第三児童館⇒小町湯⇒比輪田公園⇒高齢者福祉施設西七条

●Bコース 高齢者福祉施設西七条⇒比輪田公園⇒京都銀行西七条支店前⇒高齢者福祉施設西七条 

の2つのルートで、七条第三学区内を訓練ののぼり旗とともに歩いていますので、ぜひ声をかけてくださいね!

「認知症になっても安心して暮らし続けられる地域」を一緒に作っていきましょう!

七三学区声かけ訓練チラシ.pdf
お知らせ | - | -

「“みんなでたすかる防災”について考える講座」を開催しました

2017/11/06(月) 10:39
10/26(木)「“みんなでたすかる防災”について考える講座」を開催しました。
障害がある人もない人も“みんなでたすかる”にはどうすればいいのか、近年言われている“インクルーシブ防災”をテーマに、“みんなで”考えました。

定員を大きく超える人数の参加希望をいただき、担当者はうれしい悲鳴。
当日は座席配置を見直して、みなさんに参加していただくことができました。

【プログラム1】
下京区身体障害者団体連合会 会長の小坂さんと手話サークルつぼみの会の黒木さんにご協力いただいた、トークセッションの様子。
プログラム1.jpg

「聴覚障害があっても手話通訳を頼むなどして積極的に地域行事に参加している」「障害者を特別な存在とせず、お互いできない部分を補いあうことが共に生きるということ」など、お2人の体験に基づくお話に、参加された方からは「ガツンと頭をたたかれたような思いでした」「気持ちのバリアをこわすのがバリアフリーだと思った」といった声が聞かれました。

お2人のお話はすぐさま職員がホワイトボードに書き込み、最後におさらい。
白板アート.jpg

イラストも入れて分かりやすく…
誰が聞いても、誰が見てもわかる!!これも“みんなでたすかる”為には大事なことですね。

【プログラム2】
防災士の前川さんによる講座、の前に「みなさん、こんなんできますか?」
この後はじまる前川さんのお話には、「自助・共助・共助に加え、普段からの『互助・近所』が大切」というメッセージと共に、防災に役立つ“目からウロコ”の情報がいっぱい!
みなさんメモを取りながら熱心に聞き入っていました。
プログラム2.jpg

会場には防災士さんが持って来てくださった防災グッズの展示もありました。
気になるグッズを手に取って興味津々。
防災グッズ.jpg

段ボールでできたベッドや簡易トイレにも実際に触れ、その安心感にびっくりしていました。

この他にも、災害ボランティアセンターや福祉避難所についての情報提供もあり、ご協力いただいた方々と参加された方々の熱気に満ちる、充実した講座となりました。

災害はいつどこで起こるか分かりません。その時に自分が元気だとも限りません。“みんなでたすかる”ために日頃から何ができるか、みなさんも一緒に考えていきませんか?
報告 | - | -

『健康すこやか学級事業 スキルアップ研修会』を開催しました!

2017/10/24(火) 13:28
今年度、第2回目となる『健康すこやか学級事業 スキルアップ研修会』を開催しました。
この研修会は、健康すこやか学級事業の担い手の方々と、より充実した活動を継続していくために、活動を振り返ったり、情報共有や意見交換を行ったりする機会として、年に数回実施しています。
DSC01293.JPG
健康すこやか学級事業の取り組みの中で、工夫していること・悩んでいることを担い手の方々にお聞きして
皆さんで共有しました。
DSC01298.JPG
「どんなプログラムにしようか毎回悩んでいる…。」「文字の大きさなどを工夫して高齢者の人も見やすいチラシやポスター作りをしている。」などいろんなお声がありました。

研修会の後半は、干支のタオル手芸の実践体験です!
講師の方をお招きして、来年の干支「戌(いぬ)」を作りました。
DSC01311.JPG
DSC01314.JPG
リボンや帽子をつけてアレンジされている方もおられ、皆さんそれぞれかわいい干支のタオル手芸が完成しました!

下京区にお住いの高齢者の方が、いつまでも安心して元気に暮らし続けられるよう、
充実した健康すこやか学級を地域の皆さんと一緒に取り組んでいきます!
報告 | - | -

下京区地域支え合い活動入門講座を開催します!

2017/10/23(月) 15:44
高齢者向けのボランティア等を希望される方に対して、生活支援に関する基本的な知識や、実際に何らかの活動を始めるために役立つ情報を提供する「地域支え合い活動入門講座」を実施します。

ご自身の力を「支え合い」に活かしたい方、これからボランティアを始めてみたい方など、地域の支え手としてご活躍いただける方の受講をお待ちしています。
受講後、ご希望の方には、活動相談も行っています!


日時:平成29年12月19日(火)13:30〜15:30

場所:下京総合福祉センター2階
   (下京区花屋町通室町西入乾町292)

対象:京都市で、ボランティア活動などの社会活動により
   高齢者の生活支援を行うことに興味のある方

定員:30名

内容:々睥霄圓鮗茲蟯く状況と介護保険
   高齢者の身体と心、暮らしを知る
   ボランティア活動を始めるための基礎知識
   す睥霄圓鮖抉腓垢襯椒薀鵐謄アの実際

申込方法:先着順。電話、郵便、FAX又は、
     Eメールのいずれかの方法でお申込みください。
    ・郵送、FAXの場合は、下記チラシの「受講申込書」をご使用ください。
    ・〇疚勝Δ佞蠅な、年齢、性別、す埓区、ヅ渡暖峭罎鯡正ください。

入門講座チラシ.pdf

申込・問合せ:
   下京区地域支え合い活動創出コーディネーター(※)
   電話  (075)361−1881  
   FAX (075)361−1663
   Eメール fukusi09@mediawars.ne.jp


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

地域には、みなさんのお手伝いを必要としている活動があります。
例えば、

◎地域の高齢者サロンのお手伝い
 (話し相手・お茶出し・出し物披露・外出付き添い)
◎健康づくりのお手伝い
 (公園体操や介護予防教室のボランティア)
◎暮らしのあんしんにつながる見守りのお手伝い
 (認知症サポーター・お一人暮らしお年寄り見守りサポーター)
◎高齢者のお困りごとへのお手伝い
 (掃除・買い物・ゴミだし・力仕事・電球交換・庭掃除) などなど

あなたの力を地域での「支え合い」に活かしていただけませんか?
あんしんして暮らせる地域をつくるために、「支え合い」の輪を広げていきましょう!

入門講座チラシ(下京).jpg
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 ※京都市が、地域で高齢者を支えていくために必要な生活支援サービスの創出や担い手の養成、ネットワークの構築を目的として各区社会福祉協議会に配置しているコーディネーターです。
お知らせ | - | -

高齢者なんでも相談会 権利擁護講演会を開催!

2017/10/23(月) 15:40
平成29年11月26日(日)に、下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク(※)主催の、第10回高齢者なんでも相談会・権利擁護講演会が開催されます。

場所:下京区役所 4階 会議室

   (京都駅北口より西へ徒歩約5〜6分、塩小路通と西洞院通の東北角)

々睥霄圓覆鵑任眩蠱眠顱覆い蹐鵑弊賁膺Δチームでご相談をお受けします!)

 例えば、こんなお悩みごと・お困りごとはございませんか?
 ・介護や福祉、お体や医療、認知症、在宅看取り
 ・老後のお住まい、摂食嚥下、お薬でのお困りごと
 ・相続や遺言、成年後見、相続税などの税金、消費者被害や法律問題のこと
 ・虐待の問題、その他高齢者の生活にかかわる様々なご相談・お悩み

 ○時間は10時30分〜16時(受付10時〜15時30分)
 ○予約不要/相談料無料/先着順
 ○相談員は、法律、福祉・介護、医療の専門職
 (弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、税理士、社会福祉士、
  精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援相談員、医師、看護師、保健師、
  薬剤師、障害相談員、ボランティア相談員、住まいの相談員、その他専門職)

 高齢者ご本人だけでなく、ご家族や専門職からのご相談も受け付けています!

講演会「『ぼけ』ても心は生きている〜認知症の人の人権〜」
 
 ○講師:公益社団法人認知症の人と家族の会 顧問 高見国生 先生
 ○時間:13時30分〜14時30分(受付13時〜)
 ○定員:100名(予約不要/参加費無料/先着順)

また、1階にて、血管年齢測定、言語能力測定「言秤(ことばかり)」も行っています!ぜひお越しください!

問合せ先:事務局(下京・中部地域包括支援センター 担当:河島)
     筺。娃沓機檻械僑院檻横隠苅

↓↓チラシはこちら↓↓

相談会チラシ .pdf

※下京区社協も参画している「下京・高齢者権利擁護支援ネットワーク」は、下京区において、高齢者の権利を擁護し、高齢者の尊厳を守るために、行政・関係諸団体と広く連携して、高齢者に関する問題や課題に取り組むことを目的としてるネットワークです。
お知らせ | - | -

page top